親父 ゲイ 小説

親父 ゲイ 小説

親父 ゲイ 小説



09 汗が親父さんの肉厚の胸を伝わって、毛の生えた太鼓腹に落ちる。 俺は親父さんの話を聞いている間中、勢いよく越中の前垂れを押し上げて染みを広げようとしている自分のちんぽの存在を忘れていた。 「ぼんずも、今の俺と息子の話を聞いて、おっ勃てとったか?

【注意】濃厚なホモ小説です。中年親父が好きな人以外はキツイと思われます。中年親父同士の、心と体の秘密の交流を描きます。若者と親父の話がここのところ多かったので、おじさん同士のお話… おじさんたちと。 その他,官能 / 完結 / 51p /

親父さんの汗に海の男の味を感じると、俺の中のある部分が激しく反応する。 匠さんは前垂れを跳ね上げた越中褌の布越しに俺の肉棒にくらいつき、唾液でべたべたにしながらしゃぶり上げる。 ... 三太のゲイ小説 …

親父×息子のアホエロコメディ 天然な父親と苦労性の息子(特殊な趣味あり) 悪いことをすると高校生になってまで親父に尻を叩かれお仕置きされる そして尻を叩かれお仕置きされてる俺は情けないことにそれで感じてしまうのだ… 親父に尻を叩かれて俺がドmだって知るなんて…そんなの知り ...

Author:おかだまこと 親父好きのゲイです! 親父の腹、胸毛、腕、生え際、、、大好物! 毎日妄想してばかりなので小説で発散しようと思ってます。

★Ebony ( ゲイの妄想小説保管ブログ) ★亀さんの事件簿( ゲイ長編小説の館) ★ー親父×親父系目次ー. ★熟年男性専科ブログ:残りの人生華盛か爺さん 熟年男性同士(同性愛・ゲイ)の現状を書きつづるブログです。 熟年男性の熟した裸体画像もごらん ...

お爺さんが好き! 私が妻を亡くして初めて男を味わったのは40歳で相手は64歳の熟年さんでした。 酒の肴が豊富な呑屋で知り合い、常連同士で釣りの話やビリヤードの話で意気投合して三ヶ月程で身の上話をして、私が妻を亡くした事を話してからゲイだとカミングアウトされて 一度で良い ...

親父 ゲイ 小説 ⭐ LINK ✅ 親父 ゲイ 小説

Read more about 親父 ゲイ 小説.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Guest

If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu